PAN WALL工法

特長

PAN(Panel And Nail)WALL工法は急勾配斜面安定工法、地山補強土工法の理論に基づく工法です。
補強土工法の表面工としてプレキャストコンクリート板を使用し、急勾配(垂直~5分)化により自然法面を可能な限り残す、逆巻き施工を基本とした安全性の高い工法です。

  • 1.急勾配化(垂直~5分※)により、法面上下の有効な土地活用が可能。(※3分勾配を標準)
  • 2.逆巻き施工により、上部構造物の保護と施工中の地山のゆるみと崩壊事故を防止
  • 3.表面工のプレキャスト化により、品質の向上と工期短縮・省力化が可能
  • 4.高い耐久性とメンテナンスフリーにより、長期的なライフサイクルコストを低減
  • 5.表面工及び補強材の高い強度により、優れた耐震性を実現
  • 6.プレキャスト板の擬石模様により、景観に配慮

規格・寸法

パネル仕様 Stype1穴

パネル仕様 Dtype2穴

※海岸線や塩害のおそれのある地域では厚さ150㎜のパネルで対応します。

施工手順

 据え付けコンクリートを設置し、基段パネルの位置、高さを精度良く施工します 
据え付けコンクリートを撤去後、バックホーにてパネル1枚分(約1.2m)堀削します。 バックホーにて、パネル1枚分(約1.2m)掘削します。
PW専用背面排水材をセットします。専用の吊具を使用して、所定の位置にコンクリート板をセットします。ロータリーパーカッション等を使用して削孔し、グラウトを注入後、補強材の挿入を行います。
コンクリート板と地山との隙間に、裏込め材を注入します。その後トルク・レンチにより補強材頭部を定着し、キャップを装着します。次段以降は一段ごとに5~9の繰り返し作業となり、最終段施工完了後に、埋め戻しコンクリートを施工します。 

加入団体

ダウンロード

カタログとCADデータのダウンロードには会員登録後、ログインが必要になります。

※ユーザー登録は無料です。