GUブロック

特長

  • 1.設置・撤去・移動を素早くできます。
  • 2.クレーン以外にフォークリフトでも行えます。場合によってはハンドリフターもでも行えます。
  • 3.クレーン作業でのワイヤー、ベルトスリング用の溝をズレ防止用に設けてあります。
  • 4.フォークリフト用の挿入穴は、道路の片勾配による排水穴にもなります。
  • 5.ブロック形状は左右対称なため、吊り上げ時のバランスが良く安定します。
  • 6.支柱の差し込み穴には、底を設けて砂濡れを回避しています。
  • 7.ガードレールの支柱の位置決めをするためのガイドが底部にあります。
  • 8.破損した場合など、実際に供用している場所での取替は?
    ブロック同士がプレート連結のため、六角ボルトを外せば部分的に取り外しができます。
  • 9.15度の角度範囲は可動します。
    それ以上は、ブロック同士が干渉して可動を抑制します。
    歩道側へ移動する量を制限する安全対策です。

規格・寸法

■規格寸法表

呼び名寸  法   (mm)支柱部箇所数

参考質量(kg)

BB1LL1L2L3
B=600L=3.0m6001603000296537535031530
L=2.0m2000196520035021010
L=1.0m10009652003001440
B=500L=3.0m5001103000296537535031280
L=2.0m200019652003502850
L=1.0m10009652003001370
B=400L=3.0m400603000296537535031050
L=2.0m200019652003502700
L=1.0m10009652003001310

※連結プレートの寸法は、参考値になります。

支柱孔の底には突起溝を設けました。
各種支柱径に対するガイドとなります。

取付は、六角ボルトM16ネジ切50mmを基本にします。
強度区分4.8以上のものを使用して下さい。
なお、プレートの上下に平座金を用います。

条件

■最低連結延長
防護柵種別
衝突荷重
呼び名置式設置
(m)
埋設設置
(m)
B・C種
P=30kN
B=6001818
B=5002524
B=4003731
A種
P=55kN
B=6003136
B=5004446
B=4006559

基礎構造図(例)

※基礎工の構造は、参考です。設置場所に応じて適宜変更して下さい。
  フォークリフト差込穴は、設置後に土砂充填して下さい。

施工図

 

 

            10箇所当たり

支柱径(mm)アスファルト
又はモルタル(m3)
砂(m3)
Φ60.4(P種)0.0820.246
Φ114.3(B・C種)0.0400.119
Φ139.8(A種)0.0200.059

ダウンロード

カタログとCADデータのダウンロードには会員登録後、ログインが必要になります。

※ユーザー登録は無料です。