TOP > 製品・工法 > オリジナル擁壁 > 緑化テールアルメ工法(テラトレールF2工法)
緑化テールアルメ工法(テラトレールF2工法)
緑化テールアルメ工法(テラトレールF2工法)の特長

緑化テールアルメ(テラトレールF2工法)は、テールアルメ工法の技術を適用した安定性に優れた高壁高斜壁盛土を構築できる工法です。傾斜壁構造の為、視覚的圧迫感の軽減ができます。壁面材にメッシュパネルを使用しているため緑化することができ、緑豊かな空間を演出します。

  1. 実績あるテールアルメ工法の理論を適用
  2. 自由度の高い設計が可能
    ・壁面傾斜角は任意(1:0.2〜0.6)に設定でき、多様な立地条件に対応可能。
  3. 優れた経済性・施工性
    ・部材数は少なく、部材形状もシンプルな為、 経済性に優れる。
    ・メッシュパネル自体が軽量で自立する為、 施工が簡単。
  4. フレキシブル構造
    ・壁面材にメッシュパネルを使用しているため、 追随性に富み、比較的軟弱地盤にも対応可能

特長

▲上に戻る

 

緑化テールアルメ工法(テラトレールF2工法)の施工状況

施工写真 施工写真

▲上に戻る

緑化テールアルメ工法(テラトレールF2工法)の施工手順

施工手順

▲上に戻る

緑化テールアルメ工法(テラトレールF2工法)の部材規格

部材規格

▲上に戻る