ボックスベアリング横引き工法

特長

  • ・ボックスカルバートを所定の搬入口より吊りおろし、ベアリング(鋼球)とウインチによりレール(形鋼)に沿って、けん引してボックスカルバートを敷設する工法です。
  • ・民家の密集した狭い場所、交通量の多い道路下、橋梁および鉄道下の横断等の施工に最適です。
  • 1、施工ヤードが狭くても、円滑な敷設作業ができます。
  • 2、搬入作業(クレーン作業)と敷設作業(横引き作業)が分離でき、急速施工が可能です。
  • 3、従来工法に比べて、掘削幅が小さくなります。
  • 4、覆工板を設置すれば、地下内での作業のみとなり、上部の交通が開放できます。
  • 5、敷設に伴ってクレーンが移動する必要がなく、おろし場所が一ケ所で敷設できます。

工法比較表

工法ボックスベアリング横引き工法従来工法
断面図
掘削余裕幅b=200mm以上b=500mm以上
仮設道路不要必要
敷設精度
安全性

ボックスカルバート、周囲の埋め戻し

一般部    宅地近接部、埋設物近接部

施工の余裕幅

※掘削深さが浅く、土留め壁の変位が小さい場合は、余幅を150mmとすることができます。

加入団体

  • ボックスベアリング横引き工法協会

ダウンロード

カタログとCADデータのダウンロードには会員登録後、ログインが必要になります。

※ユーザー登録は無料です。

Works施工事例

    施工情報は見つかりませんでした。