ライン導水ブロック

特長

L型街渠の代替構造物として歩車道境界ブロックと基礎コンクリートを一体化し、水路と集水スリットを設けた構造とすることで、エプロンをなくすことができます。

  • 1.エプロンがなくなることで段差や溝を解消し、平坦性を確保します。
  • 2.水溜りを解消し歩行者が快適に通行できます。
  • 3.縁石と水路が一体型でコンパクトなため、施工性が向上します。

規格・寸法

ダウンロード

カタログとCADデータのダウンロードには会員登録後、ログインが必要になります。

※ユーザー登録は無料です。

Works施工事例

    施工情報は見つかりませんでした。