テトラック法尻ブロック(危機管理型ハード対策「法尻の補強」)

特長

1.堤防上に設置する場合、突起部以外を堤防内に設置する場合、また用地境界の位置に対応した断面が可能です。
2.亜鉛―アルミニウム合金メッキ鉄線(φ8mm)により法面および平場部を格子状に連結させることで、フレキシブルな群体構造としております。
3.上端部および平場部端部にすり付ブロックを使用することで、越流水による上端部の堤防浸食を低減し、平場部端部の流水作用による鉛直方向の浸食を抑えることができます。
4.透水係数1.0×10-1cm/s以上のポーラスコンクリートであるため、雨水や浸透水の滞留を防ぐことができ、砕石層および水抜き穴は必要ありません。
5.堤防法尻基礎ブロックや、すり付ブロックを使用することで、現場打ちコンクリート打設が不要となり、延長方向に進みながら施工が可能で工期が短縮できます。
6.表面は菱形突起(8cm・5cm)とし、越流水の流速を低減することができます。

規格・寸法

 コンクリート体積(m3)参考質量(kg)
H210型0.225450
H230型0.253506

 

 コンクリート体積(m3)参考質量(kg)
H210型0.159318
H230型0.187374

 

 コンクリート体積(m3)参考質量(kg)
H210型0.126252
H230型0.142284

 

 コンクリート体積(m3)参考質量(kg)
H210型0.051102
H230型0.058116

 

    
■堤防法尻基礎ブロック
コンクリート体積(m3)参考質量(kg)
0.225483

配列図

加入団体

ダウンロード

カタログとCADデータのダウンロードには会員登録後、ログインが必要になります。

※ユーザー登録は無料です。