ウェーブツイン

特長

1.製品1個が1m2の大型製品であり、施工が簡単でしかも経済的です。
2.河川の緑化護岸、稚魚や水生昆虫のための生態系護岸を目的とし、河川環境に配慮した環境保全型ブロックです。
3.護岸ブロックとして適度な安定した重量を持ち、積みブロック護岸と同等な護岸を構築します。
4.上下の凹凸のかみ合わせにより、前後左右の動きに対して強固な構造物となります。
5.護岸全体を通水性に優れた構造とするために、ブロック全体に複数の孔部を設け、またブロック相互の合端に隙間を持つ空積み工法です。
6.ブロック本体の複数の孔部とブロック相互の合端にできる隙間より、植生が繁茂し優しい景観をつくると共に自然保護に役立ち、昆虫や稚魚の生態系を確保します。

明度証明書

■明度測定結果

製造工場明度
島根第一工場5.0
島根第二工場5.5
広島第一工場5.0
広島第二工場5.0

規格・寸法

標準ブロック
天端ブロック

■規格寸法表

種別呼び名寸 法 (mm)中詰量
(m3)
参考質量
(kg)
適用壁体質量
(t/m2)
吊金具
控え:Babc島根県広島県
500型標準ブロック5001102901000.2415660.820.81カップラー
1-1.3t 2点
天端ブロック500230アイボルト
M16×27 2点
650型標準ブロック6501503601400.2917971.061.15カップラー
1-1.3t 2点
天端ブロック650301アイボルト
M16×27 2点
750型標準ブロック7501504601400.3768321.291.30カップラー
1-1.3t 2点
天端ブロック750348アイボルト
M16×27 2点

※上記適用壁体質量は、島根県及び広島県の各環境保全型ブロック設計基準による基準値です。

標準組積図

標準組積図
標準断面図

※注(1)
中詰材については、現地流用玉石(レキ石)とする。
中詰材の規格は、中詰材に使用しても製品が期待する壁体質量を満足し、吸出しを受けないものとする。
一般的には、割栗石に相当するものとして50mm~150mm程度のものを使用する。上記の規格を満足するものを確保できない場合、現場発生材がない場合は購入割栗石とする。

※注(2)
特に植生を促進する場合、前面開口部に植生土のう又は植生マット等を設置します。

標準基礎図

型式勾配コンクリート
体    積
(m3/m)
型枠
面積
(m2/m)
寸     法(mm)
a

e

500型1:0.30.1060.340480580140240780
1:0.40.1210.390470570190290770
1:0.50.1300.430450550230330750
650型1:0.30.1500.390620720190290920
1:0.40.1660.440600700240340900
1:0.50.1810.490580680290390880
750型1:0.30.1830.4207208202203201020
1:0.40.2060.4807008002803801000
1:0.50.2250.540670770340440970

ダウンロード

カタログとCADデータのダウンロードには会員登録後、ログインが必要になります。

※ユーザー登録は無料です。