FAボックス

特長

FAボックスは、3分割されたプレキャスト部材と現場打ちコンクリートを併用した、大断面ボックスを構築する工法です。頂版、側壁を分割構造(セグメント化)することで、「斜角」への対応が容易となります。

  • 1.プレキャスト部材をスラブ構造とし、底版を現場打ちとしたことで経済性に優れた大型ボックスで す。
  • 2.ループ継ぎ手を用いてプレキャスト部材を一体化するため施工が容易で工期短縮が図れます。
     PCaウィングウォールを併用すればより一層の工期短縮が可能です。

構造概要

適用範囲

■規格適用範囲

内空幅(B)5m~12m
内空高(H)2m~7m
製品長(L)1m~2m

規格・寸法

 

■規格寸法表

寸  法 (㎜)
内空幅
B
土被り0.5m土被り1.0m
頂版スラブ厚
T1
底版厚
T2
側壁厚
T3
頂版スラブ厚
T1
底版厚
T2
側壁厚
T3
5000300300300350350350
5500300350300350350350
6000300350300350400350
6500350350350350400350
7000350350350400400400
7500350350350400450400
8000400400400450450450
8500400400400450500450
9000400450400450500450
9500450450450500550500
10000450500450500550500
10500500550500550550550
11000500550500550600550
11500550600550600650600
12000600650600650700650

※規格外のサイズ、土被り1m以上の場合はお問い合わせください。

加入団体

ダウンロード

カタログとCADデータのダウンロードには会員登録後、ログインが必要になります。

※ユーザー登録は無料です。