TOP > 製品・工法 > カルバート製品 > テクスパン工法
テクスパン工法

テクスパン工法の特長

テクスパン工法は、フランスで開発された2分割式のプレキャスト・アーチカルバート工法です。3ヒンジ構造にすることで、薄いアーチ部材であるにもかかわらず、大スパンへの適用が可能です。この特性を活かし、短スパン橋梁や、高架橋の代替として、日本国内においても多くの実績を上げています。近年では1級河川を横断する橋梁の代替としても採用されています。

  1. アーチ部材の架設は1日約10m。現場打ちカルバート工法に比べ、工期を大幅に短縮できます。
    また架設に際し、特殊技術や熟練工は一切不要です。
  2. 従来の橋梁の代わりにテクスパン工法を採用することで、大幅なコスト縮減が可能です。
  3. アーチ部材は薄く、25cm、30cm、35cm、40cmの4種類があります。40cmのアーチ部材でも
    30mの土被りに対応できるカルバートや、内空幅20mのカルバートを作ることができます。
  4. アーチ曲線の内空が周辺環境に調和します。

テクスパン工法

■施工手順

施工手順

 

▲上に戻る

テクスパン工法の施工状況

施工写真1 施工写真2

▲上に戻る

テクスパン工法の規格寸法

■テクスパン標準規格表

建築限界と土被りに合わせ、テクスパン工法を標準化しました。
標準化テクスパンはスパン8.0mから18.0mまで13種類のラインナップ。
水路、道路、橋梁代替えとして、より経済的なカルバート工法をご提供します。

製品図

建築限界幅
(m)

適応土被
(m)

スパン
(m)

ライズ
(m)

部材厚
(cm)

部材幅
(m)

軸線長
(m)

部材質量
(t/枚)

m当り質量
(t/m)

4.0以下 1〜3 8.0 4.2 25 1.25 13.34 5.2 8.3
4〜10 8.0 4.4 25 1.25 13.61 5.3 8.5
5.0 4〜10 9.0 5.3 25 1.25 15.84 6.2 9.9
1〜3 10.0 5.1 25 1.25 16.37 6.4 10.2
7.0 4〜10 11.0 5.7 25 1.25 18.01 7.0 11.3
1〜3 11.0 5.6 30 1.25 18.08 8.5 13.6
8.0
9.0
1〜3 12.0 6.0 30 1.25 19.50 9.1 14.6
4〜10 12.0 6.2 30 1.25 19.69 9.2 14.8
10.5 4〜10 13.0 6.8 35 1.25 21.58 11.8 18.9
1〜3 14.0 6.3 35 1.25 21.64 11.8 18.9
12.0 1〜3 15.0 6.8 35 1.25 23.29 12.7 20.4
13.0
14.5
1〜3 16.0 6.8 40 1.25 24.31 15.2 24.3
1〜3 18.0 7.5 40 1.25 27.06 16.9 27.1

【ご注意】

  • アーチ部材架設は、最初の5部材のみレッカー2台での作業となります。
  • アーチ基礎は土被り、下部地盤条件によって異なります。
  • テクスパン縦断勾配は6%までとします。
  • 標準化テクスパンは、竹割り坑口、曲線用途には対応していません。
  • 標準化にないサイズについては規格外となります。詳細については別途ご連絡ください。

▲上に戻るダウンロード

カタログダウンロード
※カタログのダウンロードには会員登録が必要になります。
※カタログをご覧になるにはAdobe Reader が必要です。お持ちでない方は下記バナーよりダウンロードしてください(無料)。
Get Adobe Reader

▲上に戻る