TOP > 製品・工法 > オリジナル擁壁 > 箱型擁壁
箱型擁壁
箱型擁壁の特長
  1. 水に強い箱型擁壁
    箱型擁壁は中詰めの壁体材が単粒度砕石・割栗石であり、擁壁の全ての背面地盤に対しても極めて
    優れた排水性能を発揮します。
  2. (財)土木研究センターの建設技術審査証明(第0327号)取得
     
  3. 全てがフレキシブルな構築方法と構成材料
    従来のもたれ式擁壁や大型ブロックにはない「可とう性」の考え方が、高耐震性と高排水性を備え
    ながらも経済性に優れた箱型擁壁を誕生させました。
  4. 安心な箱型擁壁の設計法
    ・箱型擁壁は、各段毎に全ての壁高で常時と地震時の土圧を算定して、擁壁の転倒・滑動・支持に
     対する安定性チェックをします。
    ・擁壁背面に作用する土圧は、試行くさび法で算定します。
    ・安定計算に用いる背面土の定数は土質試験のデータを参考にして決定します。
  5. 安全性の強化
    ・基礎部かご:箱型擁壁工法を構成する「基礎部かごテンサー」は、フレキシブルで強固な一体型の
     基礎盤であり、基礎部のひび割れを未然に防止して、その基礎地盤の変状に伴う集中応力を分散
     する役割があります。
    かごテンサー
    ・箱体目地材:震災直後より箱体の目地開口による壁体材流出の防止策として、暫定的に箱体目地材
     設置を実施しています。

▲上に戻る

箱型擁壁の施工図

施工写真 施工写真

▲上に戻る

箱型擁壁の製品図

Lタイプ

製品図
呼び名 参考質量(kg) 吊金具
A型 1304 フレノリンクボルト
A-16 2点
B型 1028

A・B型共通側面        箱形擁壁

▲上に戻る

施工図

■参考断面図

断面図

・高耐震性の壁体材
 
単粒度砕石の噛み合わせ抵抗力(せん断抵抗
 力)が地震動や背面地盤の不同沈下などの擁
 壁の挙動にフレキシブルな抵抗を発揮して、
 擁壁の耐震性能を高めます。

・高排水性の壁体材
 壁体材は擁壁の背面土の全面と接して高い排
 水性を発揮します。

・反射音低減の壁体材
 
単粒度砕石の空隙は外部から入る車両等の周
 波の高い音を吸収し、擁壁からの反射音を減
 少させます。

・高通気性の壁体材
 RC製品の箱体材と背面土表面は壁体材の空
 隙による通気性によって常に乾燥状態に導か
 れるため箱体材の耐久性と背面土の安定性を
 高めます。

・基礎材

 地震時の地盤の揺れに対してテンサーに拘束
 された単粒度砕石は、地震エネルギーの分散
 効果及び擁壁本体に対するクッション作用を
 発揮し、地盤に対してフレキシブルに抵抗し
 ます。

■曲線部の施工
箱形擁壁は互いに隣接する箱体を上下・左右とも連結をしないで、各箱体がそれぞれに独立していることを
特徴のひとつとしています。 このため、与えられた地形や施工条件のほか構築する擁壁の形状に応じて、
平面的に曲線状の擁壁を容易に構築することが出来ます。

曲線部の施工

 

ダウンロード

カタログダウンロード CADデータダウンロード
※カタログのダウンロードには会員登録が必要になります。
※カタログをご覧になるにはAdobe Reader が必要です。
お持ちでない方は下記バナーよりダウンロードしてください(無料)。
Get Adobe Reader
※CADデータのダウンロードには会員登録が必要になります。

▲上に戻る