TOP > 製品・工法 > 道路用製品 > プレガードⅡ(プレキャストガードレール基礎)
プレガードII(プレキャストガードレール基礎)

プレガードIIの特長

平成11年度の基準改定で、衝突荷重を考慮して設計することが明記されました。擁壁等に衝突荷重を作用させると、許容応力度の超過、転倒に対する安定不足等の問題が生じます。こうしたことから、要求性能を満たしたプレキャストガードレール基礎を開発しました。
さらに、歩行者への配慮、衝突車両の誘導性能を向上させたプレガードⅡとして改良を行いました。

  1. プレキャスト製品であることから、工期短縮が図れます。
  2. 曲線半径15m程度まで対応できます。
  3. 軽量であることから小型機械で施工出来ます。
  4. ガードレール支柱が路面側にないため、舗装施工が容易です。
  5. 実物実験により、本体、連結部の性能性確認を行っています。
  6. 縦断勾配が12%程度まで設置可能です。
盛土 プレキャストL型擁壁 既設擁壁の補修
ブロック積み擁壁 補強土壁 軽量盛土

 

▲上に戻る

プレガードIIの施工状況

施工実績1 施工実績2

▲上に戻る

プレガードIIの規格・寸法

■製品規格

製品規格

■規格寸法表

呼び名 旧呼び名 参考質量
(kg)
適用連結区間
延長 ΣL (m)

寸 法  (mm)

埋め込み穴
(φmm)
間詰コン
(m3/個)
止め型枠
(㎡/個)
吊具
B t1 t2 Lb L1
BC-800 BC-18:20 630 15~20(以上) 800 80 112 400 1925 185 0.0174 0.048 アイボルト
M16×27
4点
BC-900 BC-14:16 666 12~14 900 1919
BC-1000 BC-12 705 10~11 1000 1913
BC-1100 BC-10 743 8~9 1100 1906
BC-1200 BC-8 781 7 1200 1900
BC-1300 - 819 6 1300 1894
BC-1400 BC-6 857 5 1400 1888
A-1000 A-18:20 980 16~20(以上) 1000 120 152 500 1923 210 0.0235 0.052
A-1100 A-14:16 1037 13~15 1100 1918
A-1200 A-12 1095 11~12 1200 1914
A-1300 A-10 1152 10 1300 1909
A-1400 - 1209 8~9 1400 1905
A-1500 A-8 1266 7 1500 1900

※1ブロック延長(連結区間延長)ΣLにより、製品規格が異なります。
※L=1.5m製品(両端部のみ使用)も対応できます。

▲上に戻る

プレガードIIの各種条件

■適用条件

道路の区分 設計速度 一般区間 重大な被害が発生する恐れがある区間
高速自動車国道 80km/h以上 A種用 適用外
自動車専用道路 60km/h以下
その他の道路 60km/h以上 B種用 A種用
50km/h以下 C種用 B種用 ※注)
 ※A種のガードケーブル(Gc-A-2B)ガードパイプ(Gp-A-2B)は標準製品では適用外です。
  利用する場合には前面を間詰めする等の対応策をお願いします。
 ※注)設計速度40km/h以下の道路ではC種用を使用することができます。

■設計条件

設計条件

▲上に戻る

プレガードIIの構造図

■基礎構造図(例)

補強土壁の場合

補強土壁の場合

※天端を外した施工を標準とします。
天端コンクリート上に設置した場合は補強土壁工法設計・施工マニュアルに準拠してください。
また、標準より底版長さ(B)が長い製品を使用する必要があります。
(例) BC種でプレガードU前面と補強土壁前面を揃える場合
  ・BC-1100を使用して17m以上連結
  ・BC-1200を使用して13m以上連結
  ・BC-1300を使用して11m以上連結
  ・BC-1400を使用して10m以上連結


プレキャストL型擁壁等の場合

プレキャストL型擁壁等の場合


ブロック積み等の場合

ブロック積み等の場合


盛土部等の場合(ジオテキスタイル工法にも適用)

[構造物がない場合]

盛土部等の場合

▲上に戻る


■連結部詳細

連結ボルトを製品両側に通し、樹脂ナットを締め付けて下さい。その後、六角ナットの締め付けを行なって下さい。間詰めコンクリートの目的は、連結筋の固定であり、開口部まで入念にコンクリートが行き渡るように行なって下さい。
※間詰めコンクリートの設計基準強度は24N/mm2とする。

連結部詳細平面図

▲上に戻る


■道路縦断勾配への対応

ガードレール支柱を垂直に立てることができる勾配は12%までとする。12%以上の急勾配の場合は、製品は道路勾配に合わせて設置し、支柱は製品に対して12%傾けて設置する。

道路縦断勾配への対応

※設計・施工に関する詳細は「プレガードU設計・施工マニュアル」を参照ください。

▲上に戻るダウンロード

カタログダウンロード CADデータダウンロード
※カタログのダウンロードには会員登録が必要になります。
※カタログをご覧になるにはAdobe Reader が必要です。
お持ちでない方は下記バナーよりダウンロードしてください(無料)。
Get Adobe Reader
※CADデータのダウンロードには会員登録が必要になります。

▲上に戻る