TOP > 製品・工法 > カルバート製品 > IB可とうボックスカルバート
IB可とうボックスカルバート

IB可とうボックスカルバートの特長

IB可とうボックスカルバート(Individual Block:個々のブロック)は、継手部差し口にIBゴムリング、受け口にコーナーパッドを取り付け、可とう性と耐震性を持たせたボックスカルバートです。

IB可とうボックスカルパートの特長

  1. IBボックスカルバートを使用することにより耐震性管路が築造できます。
  2. IB10タイプは、標準ボックス型継手形状・寸法を変更していないため、多くの使用実績がある継手であり、
    構造的に信頼性が高い製品です
  3. IB50、IB50Rタイプは、継手形状を長く変更しており、より大きな変形にも追随できます。
  4. 抜け出し後、および屈曲後の止水性能が確保できます。(0.06MPa水圧)
  5. 据え付けは縦締め緊張工を必要とせず、標準ボックスと変わりません。
  6. 地盤の変形に追随できる構造で、杭が不用となります。

 

可とうボックスカルバートの製品構造

■IBボックスカルバート IB10タイプ

●概要 従来のボックスカルバートをそのまま使用した通常敷型の耐震性プレキャストボックスカルバートです。差口には耐震性ゴムリング、受口にはコーナーパッドを取り付けることで継手部に耐震性能をもたせ、標準製品を利用していることから経済的な対応が可能となります。

IBボックスカルバート IB10タイプ概要図

■IBボックスカルバート IB50タイプ

●概要 長尺化した継手部差し口に耐震性ゴムリング、受口にはコーナーパッドを取り付けた高い変位追従性を有した通常敷型を基本とした耐震性プレキャストボックスカルバートです。標準製品を利用した曲線施工性能を有し、抜出し防止金具*を設ける事で設計値を上回る抜出しの抑制も可能となっております。
*:オプション(IB50Rタイプ用金具の流用)

IBボックスカルバート IB50タイプ概要図

■IBボックスカルバート IB50Rタイプ

●概要 長尺化した継手部差し口に耐震性ゴムリングを埋め込み製作した高い変位追従性を有した通常敷型を基本とした耐震性プレキャストボックスカルバートです。標準製品を利用した曲線施工性能を有し、抜出し防止金具*を設ける事で設計値を上回る抜出しの抑制も可能となっております。
*:オプション

IBボックスカルバート IB50Rタイプ概要図

▲上に戻る