TOP > 製品・工法 > カルバート製品 > コンスパン工法
コンスパン工法

コンスパン工法の特長

コンスパン工法は、プレキャストアーチカルバート・ブリッジシステムとして開発されました。内空幅4m〜12mの小・中規模のスパンに適しており、大幅な工期短縮と工費削減を可能にする短スパン橋梁の代替工法です。
美しいアーチ形状は景観性に優れており、日本でも既に70件以上の実績があります。

  1. コンスパンには内空幅4.8m、6.0m、7.2m、8.4m、9.6m、10.8m、12.6mの7種類があります。
  2. 適用土被りは0.5m〜2.0m(スパン4.8m〜10.8m)、0.5m〜1.0m(スパン12.6m)です。
  3. コンスパン工法はカルバート工法なので、橋梁設計を行ないません。設計はより簡便です。
  4. コンスパンの架設に特殊技術や熟練工は一切不要です。PC橋梁に比べ、工期を40日以上短縮できます。
  5. 左右独立した基礎の上にコンスパンを据えるので、河床を荒らさずに施工することができます。

コンスパン工法

■施工手順

施工手順

コンスパン工法の施工状況

施工写真1

▲上に戻る

コンスパン工法の規格寸法

■適用分野

  • 国道、県道、市町村道、農道、公園
  • 橋梁やボックスカルバートの代替

■コンスパン標準規格表

コンスパン

スパン(m) 標準土被り(m) ライズ(m) 部材幅(m) 質量(t)
1.8 2.1 2.4 2.7 Type1 Type2 Type1 Type2
4.8 0.5〜2.0 1.5 1.7 10.178 11.535
6.0 0.5〜2.0 1.5 1.7 13.125 14.875
7.2 0.5〜2.0 1.5 1.7 16.849 19.095
8.4 0.5〜2.0 - 1.1 1.3 15.425 18.229
9.6 0.5〜2.0 - 1.0 1.2 16.345 19.614
10.8 0.5〜2.0 - - 1.0 1.1 18.400 20.240
12.6 0.5〜1.0 - - - 1.0 1.1 18.288 20.116
※質量はいずれもライズ2.7m時

▲上に戻るダウンロード

カタログダウンロード
※カタログのダウンロードには会員登録が必要になります。
※カタログをご覧になるにはAdobe Reader が必要です。お持ちでない方は下記バナーよりダウンロードしてください(無料)。
Get Adobe Reader

▲上に戻る